志賀高原 ホテル 宿泊

食育 ミールケア
  1. HOME
  2. 食育

食育 食材を知り、食を楽しむ環境を創る

食育 収穫 幼稚園

子供の心と身体が健康に育つ基本は、本物の「味」を伝えながら、「食」を楽しむ環境をつくることです。
 子供たちが豊かな人間性を育み、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。しかし、自然環境で育つ食材がどのように栽培されているか、どのように成長するかを実際に知らない子供たちが増えています。

食育基本法では、食育を、【生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの】と定義されており、これを日々実践することが求められています。
ミールケアは「食」を考えるとき、「知育」「徳育」「体育」と同時に「食育」を行うことが、子供たちの未来に最もよい方法と考えます。

ミールケアが考える食育の三本柱

◆ 選食力

食品の何が安全なのか。それにどんな栄養素が含まれているのかを知ることで、どんな食べ物を食べれば、もっと元気になるのかを知る力を「選食力」といいます。

◆ マナー

「おはしの持ち方」や「食事のマナー」を知ることは、食べることを通して食文化を伝えることと言えましょう。このような「食のマナー」を改めて教えることは、日本の食文化を子供たちに伝える大人の大切な役割と考えます。

◆ 地球の食を考える

日本の食料自給率は40%前後にまで落ちています。世界の食材が日本に入ってくることを子どもたちが知ることは、地球環境を考える子どもを育成することだと言えます。

世界には飢餓に苦しむ子どもたちがいることや、地球の人口増加と食料生産量を知ることで、子どもたちに「食事を残さず食べる心」や、「食事を大切にする心」「食に感謝する心」が育まれていくと考えます。

楽しい体験が食育につながる

食育 収穫 幼稚園

季節の野菜を使ったり、伝統料理も取り入れ、子供たちが参加できる【ふれる】【食べる】【つくる】をテーマとした体験会も企画しています。

 好評だった企画では、大鍋の芋汁がありました。体験と共に記憶に残る食事会や、野菜の収穫体験も実施していきます。新しい試みとして、給食に出すご飯の お米を時々変えてお米の味の違いを園児に教える”ことも行っております。また、教室の中で、実際にご飯を炊き、炊ける過程で起こる【炊ける音】【匂い】 【煙・蒸気】を知ってもらう試みも行っています。このような、普段感じることの無かった「発見」「驚き」を通し、記憶に残る楽しい体験が食育につながるも のと考えています。


株式会社ミールケア 幼稚園保育園事業本部
〒103-0028
東京都中央区八重洲1-5-15 田中八重洲ビル6F
TEL:0120-088-348